2017年04月14日

ギタリストも鍵盤でスケール/コード理解(3)

P1240144 (1).png

コードを理解するのには、鍵盤は非常にわかりやすい。

コードで、“C”を ”Cm”にするなら、真ん中の”E” を鍵盤一つ低いポジション、言い換えると、半音低いポジションにするだけ。

非常にわかりやすい。

これがギターのコードだと、ルートの”C”で始まってるとは限らないし、例えば、 ロー・コードの場合でも、「中指の”E”を半音落として”Cm” 。。。」って、んー。。。押さえられない!?みたいな感じになってしまうし、ロー・コードの”C”から”Cm”をバーコードにすれば、単に「型」のチェンジで終わってしまったり。。。

なら、”C”も”Cm”もバーコードってのでも、指を半音ずらすってわけにはいかず。。。

また、「バーコード」ってことになると、初心者な人は格闘しなければならない「型」だったりするわけで。。。「コードを理解する」って最初の目的が何処かに行ってしまいかねない。。。( ̄∇ ̄)
posted by MATT at 17:52| エレキギター再入門2017 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする